プロアクティブは男性でも使える?

プロアクティブは男性でもOK?洗顔時や角質除去時などの注意点は?

 

image

プロアクティブは男性でも使える?

 

プロアクティブは、男女兼用のニキビケアアイテムです。

 

最近はスキンケアを気にする男性が非常に多くなってきていて、プロアクティブの利用者も増えているそうです。

 

このサイトは女性向けに作っちゃいましたが、基本的に男性でも読めます!

 

でも、男性向けの読み物がないので、わたしがプロアクティブを買ってから学んだ、

 

「プロアクティブを買う前に男性が知っておくべきこと」

 

などを、分かりやすくまとめてみますね!

 

まず、最初に知っておいてもらいたいのは、男性の皮脂量は女性よりも多く、ニキビが常にできやすい状況にあるということです。

 

この状況に食生活の乱れや生活習慣の乱れが加われば、ニキビ発生リスクはMAXになってしまいます。

 

男性の肌でニキビが出やすいのは、おでこと鼻の部分、いわゆるTゾーンと、両頬とあごの部分のUゾーンです。

 

Tゾーンは、男性ホルモンが一番分泌される場所ですし、Uゾーンはヒゲソリで傷がついて雑菌が侵入しやすい場所です。

 

しかし、皮脂が多いからといって洗顔の回数を増やすのでは逆効果になります。

 

それは、皮脂が分泌される部分を刺激してしまうからです。

 

大切なのは、皮脂の分泌量をコントロールしてくれるアイテムを利用することです。

 

ヒゲソリ対策としては、キズがつきやすいT字カミソリ、ピンセットなどは使わず、一番肌に優しい電気シェーバーを使うとよいでしょう。

 

もちろん、今回わたしが購入したディープクレンジングブラシが付いたセットもおススメです。

 

この基本セットに、自分の肌質に合わせて皮脂コントロールアイテムの「脂性肌用美容液」などを追加するとよいと思いますよ!

 

また、女性より男性のほうが間違ったスキンケアを行っているケースが多いので、注意事項をまとめてみました。

 

【顔を濡らさずに洗顔料をぬっている】

 

乾いた状態で洗顔料を顔に塗ると、肌にかなりの負担がかかります。

 

必ず、ぬるま湯で顔を濡らして洗顔料を泡立ててから、その泡で肌をこするように洗顔しましょう。

 

指で肌を強くこするのは厳禁です!

 

【洗顔後にタオルで顔を強く拭いている】

 

タオルによる摩擦も、肌をかなり痛めつけます。

 

肌は強い刺激を受けるとメラニン色素を出すので、肌に色素沈着が起こる事すらあるんですよ!

 

女性の洗顔後のように、タオルで優しく水滴を抑えるようにしましょう!

 

【化粧水を手で直接ぬっている】

 

こちらも洗顔と同じで、手と顔の摩擦で、お肌はニキビができやすい状態になってしまいます。

 

こうした間違ったスキンケアを改めて、プロアクティブの3ステップケアを始めれば、ニキビがよくなるばかりか、脂性の肌も改善されることでしょう!

私が体験したプロアクティブ!