プロアクティブの正しい使い方は?

プロアクティブの正しい使い方!これを実践すれば美肌間違いなし?

 

image

プロアクティブの正しい使い方は?

 

どんなに優れたコスメでも、使い方を間違ってしまえば効果が半減するどころか、逆効果になることがありますよね?

 

そこで今回は、私がプロアクティブを実際に使って覚えた、正しいお手入れについてお伝えします。

 

今現在、プロアクティブを買おうかどうか迷っている方は、自分が利用した時のイメージもできると思いますので、じっくりお読みください!

 

【洗顔】

 

知っている方が多いと思いますが、洗顔というのは洗顔料を指に付けて顔をこするのではなく、洗顔料を泡立てて、その泡で肌についた汚れなどを落とすスキンケアです。

 

指でお肌を強く押したりなんかしたら、肌が傷んでニキビの炎症がひどくなることがあるので、注意しなくてはいけません。

 

プロアクティブで洗顔する場合は、化粧をしっかりと落とした後、顔と手をしっかりと濡らして、少量のぬるま湯と洗顔料を手のひらで混ぜます。

 

image

 

そして、それを顔に付けて20秒ほどマッサージします。

 

決してこすってはいけません!!

 

洗顔料を落とす時も、ぬるま湯を使います。

 

【角質除去】

 

洗顔料でお肌をきれいにした後は、化粧水で保湿しますが、それと同時に角質除去も行ないます。

 

そのため、化粧水は肌に直接塗らず、コットンに浸して使います。

 

image

 

そしてこのコットンを、顔の内側から外側に動かしてゆきます。

 

イメージとしては、やさしく角質をコットンでふき取る、こんな感じです。

 

化粧水をケチってしまうと、このふき取りの時に肌との摩擦が増えてしまい、ニキビなどにダメージを与えてしまうので、この点も注意しておきましょう!

 

【トリートメント】

 

最後のトリートメントですが、すぐには行わず、化粧水がしっかりと肌になじむのを待ちます。

 

肌が乾いたら、目の周辺を避けて顔全体になじませるようにクリームを伸ばしてゆきます。

 

昼用クリームも夜用クリームも、使用する量はまったく同じです。

 

なお、昼用クリームには紫外線防止成分が含まれていないので、UV対策はニキビ対応型のアイテムを必ず選びましょう!

 

プロアクティブのショッピングサイトでも、専用のアイテムが販売されているようです。

 

UV対策アイテムだけニキビに対応していないと、それによって洗顔や角質除去の効果が小さくなってしまうことがあります。

 

いかがでしょう?

 

どのステップも意外とシンプルで、お肌の理屈にかなっていると思いませんか?

 

洗顔の時はゴシゴシ洗う、化粧水を塗る時はコットンで強くたたくなど、キレイになるためについついやりたくなる行為ですが、こうした肌を傷めつける行為は、今すぐやめましょう!

 

間違ったスキンケアも、ニキビを作る原因になってしまうのです。

私が体験したプロアクティブ!